まちの街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

挨拶

ハローハローまちるだですよー



一人暮らしになって

初めて気付いた。


一人暮らしには

二つの挨拶が必要ない



「ただいま」 「おかえり」



さびしいと言うわけでなく、


単純にああ、つかわないんだと思う。



その言葉は必要ないんだと思う。



挨拶ってのは一人には必要ないんだと改めて感じる



だから、挨拶を使えるってのは


実はすごいことかもしれない。


一番はじめに


2人いないとできないことなんですよ。


誰かができないと出来ないことなんだって


気付いたら


ちょっとなんかすごいことを発見したわけでもないけど


なんだかすごい大事なことがわかった気分になれた。


友達になる前に


恋人になる前に


家族になる前に


何より前にそれがあるのもわかる気がした。



挨拶を考えた人たちってすごいね。



これから挨拶している時、楽しい気分になるかもね





今日のおうた「こんにちは 赤ちゃん」 梓みちよ
こんにちは 赤ちゃん あなたの笑顔
こんにちは 赤ちゃん あなたの泣き声
その小さな手 つぶらな瞳
初めまして 私がママよ




この歌詞を探していたら、面白いことが書いてあった。
作った人が男だから、
生まれたときは「初めまして」だけど
女の人は胎内から会ってるわけだから
最後にまた「初めまして」はおかしいんじゃないかって
話があったらしいです。


でも、生まれたら
やっぱりはじめに挨拶するんだなって
それが知りたかった。
すごいですよね。
赤ちゃんまだ挨拶しらないのに
はじめに挨拶するんですよ。
その行為がすごいってか、なんってかすごい
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ホントの話

“私はこういう事が苦手だから今度はこんな仕事がしたい”
みたいな内容の話が、かなり前の日記に書かれているのを読んだ事があります。
仕事に出ればそれなりに辛い事もあって、“生活の為”と割り切って過ごしてきました。実際嫌々働いてる仲間も多かったし。
でもその言葉で、その時間も“自分の為”の時間だと分かりました。
「仕事を覚える事」「分かりやすく伝える事」「相手の身になって電話の応対をする事」「お金の計算をする事」「イライラしないで運転する事」…、向き合えば苦手な事だらけ。。
毎日新しい失敗があるけど、少しずつでも進歩していけたらそれでよしだなと思えるようになりました。
生活の何割かを費やしている仕事の時間が、この街に出会って自分にとってプラスの方向に確かに変わったことを、いつか伝えたいと思っていたのです。

そして昨日の日記。
“なるほど挨拶は一人では出来んわな”
と感心しながら職場に着いたら、いつもより元気に朝の挨拶をしていました。
いつもよりも一日清々しく過ごせた気がします。

“日々を豊かにするのは、きっと気付ける心なんだ!”
よく晴れた冬の空を見ながらそう気付いて、そして確信したのでした。

それがちょっと嬉しくて、久しぶりにコメント書こうと思ったのです。
終わるから書いたんじゃないんです。ホントの話。

まちの街に感謝しています。
また会えますね、さようなら。

ab. | URL | 2008年02月09日(Sat)11:06 [EDIT]


結構前から読み返してくださったんですね!
ありがとうございます。

あたし自身もどうも内面に考えがこもりがちだったので、最近そうやってまわりに気づく感覚ってのを取り戻そうと意識してます。
読んで、何か感じてくれる人がいる限り、またどこかで発信を繰り返すでしょう。

どうもありがとうございます
またお会いしましょう☆

さようなら

まちるだ | URL | 2008年02月09日(Sat)17:47 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。